資材カタログ ダウンロード

親網システム用支柱の設置手順

解体は逆の手順でお願いします。

①支柱ベースを仮置きする。その時に、ハゼ金具のナットをインパクトレンチで緩めておく。

②設置箇所は、親綱システム用支柱の使用基準(表1及び図1)に従って計測して位置決めする。

③ハゼ金具の口を広げて、ハゼ部に咬ませるようにセットする。(ハゼ金具4ヶ所)

④ハゼ金具のナットをインパクトレンチで締め込み固定する。(ハゼ金具4ヶ所)

⑤支柱を支柱ベースの中央ソケット部に差し込む。

⑥支柱ベースソケット部と支柱の穴にトグルピンで貫通させて固定する。

⑦親綱のフックを支柱の取付ピースに掛ける。

⑧親綱を取付け、緊張器を用いて、概ね水平になるように緊張して完成。

■取り扱い上の注意事項■

1)ハゼ金具のボルトナットは、緩みのないよう固定して下さい。
ナットをねじ込む際は、手で仮締め後ボルトを垂直に立てレンチなどでゆっくりと締め込んで下さい。
また使用後は、同様に支柱ベースに固定して下さい。

2)ハゼ金具の六角ナットのサイズはM10ですので、レンチのソケットは17をご使用下さい。